BabyJ's Guide for Foreigners Living in Japan

Information on life in Japan, Japanese society and culture 外国人の日本生活ガイド&日本の社会・文化

Original Japanese Document Sample (700 characters)

英語のお仕事、世界は2つ

しばらく、英語学習の話ばかりしていたので、今日は日本での英語のお仕事についてお話します。

たかが英語されど英語。少し前に、日本では、英語ができれば得をする、仕事に困らないと書きました。それは身をもって体験した事実。

ただ、立ち位置によって、日本には全く異なる2つの世界が存在します。

まず、よくあるのが、日本人社会の中で、英語ができて外国人のことがわかる、特別な存在としてやっていく世界。そして、もう一つは、外資系など、国際的な企業や団体の中で、外国人と対等にやっていく世界。

 私は、何度も転職し、いくつもの会社や団体に勤めてきました。そして、ほぼ全部が前者のパターン。日本人ばかりの中で、英語ができる人、という役割を務めてきました。が、1度だけ、一定の期間、国連やユネスコなどと同じ、国際機関で仕事をしたことがあります。

 そのどちらが良いのか?それは、自分が、何を目指すか、何が心地よいかで選ぶしかない。どちらもそれぞれに一長一短あって、どちらを選ぶべきか分からない。また、選べば入れるというのもない。

 そんな状況の中、今は、日本側の世界にいる、という感じ。

 日本の会社組織の中にいれば、数少ない「英語ができる人材」ということで、重宝がられ、英語の業務を任される。英語専門ということではなく、業務の中で、海外との通信、翻訳、通訳、英文文書作成などを日常業務の1つとしてやることになる。

 特に、ほぼ全員が普通の日本人という場合は、他の人にはできないことができる、ということで特別扱いされる。英語が必要な事業のため、海外と関与できる唯一の人材ということで、なくてはならない存在ということになる。

(700 characters)

* 英語のお仕事、世界は2つ. BabyJ's Diary.
http://www.babyj.info/entry/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AF2%E3%81%A4